東方之光とは

  東方之光とうほうのひかりは、宗教法人世界救世教が包括する被包括法人の1つで、教祖・明主様(岡田茂吉・1882-1955)の教えにしたがって、個人、家庭、社会の困難(病貧争)を解決し、真善美が行き届いた理想世界の建設を目指して活動を進めています。
  東方之光は、物質主義的価値観が優先することによって、さまざまな難問に逢着する人類社会の現状は、創造主神がこの地上に健康で、豊かで、平和な理想世界を実現する準備として、必要とされたものであったと受け止めます。
  この時にあたり、超人的な救いの力をもって、神の実在を万人に知らしめ、遅れていた唯心文化を飛躍させ、人類救済に当たる大任を託されたのが明主様であり、東方之光は明主様のみ教えにしたがって唯物、唯心が融合した真の文明世界を建設することを目的としています。