箱根・神仙郷

 天然と人工の美を調和させ、訪れる人々の心を和ませる地上天国のひな型として昭和19年、箱根への移転を機に、強羅にある旧日本公園の土地を入手し、神仙郷の建設に着手。明主様自ら庭園の造成や建築の指揮を執り、昭和28年に完成しました。
 神仙郷は、国の登録有形文化財に指定されている「神山荘」、柿葺き数寄屋造りの「観山亭」、大自然の岩を組み合わせた「石楽園」、紅葉と苔のコントラストが映える苔庭、当時の数寄屋建築の第一人者、吉田五十八氏の設計による演芸を主目的とした「日光殿」、明主様のご指示のもと茶室づくりの名匠・木村清兵衛氏が手掛けた茶室「山月庵」、明主様自らの設計による「箱根美術館」等から成り立っています。
 平成25年8月には、その芸術性が認められ、国登録記念物(名勝地関係)に登録されました。